CB証明書の運用ルールの変更について

2017-09-12

CB証明書の運用ルールの変更について

NATOMはIECEE認定のCB試験所であり、CBスキームに基づくCBテストレポート発行を支援します。情報機器・事務機器/医療機器(IEC60950-1, IEC62368-1/ IEC61010-1 )、測定機器(IEC60601-1)に関して、この制度を利用できます。

 

 

CB証明書に係る運用につきまして、下記のとおり変更となりましたのでお知らせいたします。

 

1.今まで発行後3年を過ぎたCB証明書に関して受入国のNCB (国内認証機関) は受け入れに対して異議を唱えることが出来ましたが、運用ルールの改定により発行後3年を経過したCB証明書もNCBによる受入れ対象となりました。

(2017年5月17日付 IECEE運用規定改定*)

 

2.ハイブリッドTRF を使用して申請するCB証明書は、規格別に発行されることとなりました。

例:IEC 60950-1 と IEC62368-1 のハイブリッド TRF を用いたCBテストレポートでCB申請した場合、IEC 60950-1 とIEC62368-1で計2通のCB証明書が発行されます。

(2017年5月 第18回 IECEE CMC 横浜会議にて決定)

 

*参照・外部リンク

Rules, Operational Documents & Guides (IECEE 02 Edition 17.0 4.3.4項に対する変更)